私には写真の知識は全くありませんが、PixelMator様のおかげで露出の悪さや

トリミングの悪さはカバーできますので、素人の私でもまぐれで気に入った作品が

生まれます。てなわけで、そういうのを月1枚づつほど掲載する超素人写真館です。

お笑い下さい。


「夏の別荘」


Phone7plus

格安の物件です(笑)。

もちろん賃貸なのですが、敷礼家賃ありません(笑)。

隠れ家なので、場所は明かせませんが公共のキャンプ場で

無料です。ただし予約が必要で、電話で仮押さえの上

3日前までに書類を提出することが必要ですが、自宅から

カブで30分ほどの所なので、面倒ではありません。

 

今回初めて一番高台にあるサイトを予約しました。

今までは荷物の関係で駐車場から一番近いサイトに

していたのですが、なんとなく選んだら大正解でした。


今回の自称”自分への誕生日プレゼント”。

冷蔵バッグです。

3000円近くしましたが、100均のちゃっちい安物に比べると

保冷力抜群で、翌朝までは何とかひんやりしています。

保冷剤はダイソーの高い方のやつ(330円)。


で、大正解の理由ですが、ご覧の様に木陰です。

冬はむしろ陽光燦々の方がいいですが、夏はこれで

気温が5度は違うんじゃないか?

去年この対策でタープも買ったのですが、結局

夏はキャンプに行かずじまいでした。


坂道の麓に洗い場があります。

徒歩5分のところにトイレもあり、環境はいいです。

坂と階段で荷物を運び上げるのが手間ですが、

2枚目の写真程度なので、2回で運べます。

迂回しますが、舗装路もあるので、キャリーカートも

今後検討しようかと。

ただしバイクですので、よく幼児を乗せて引っ張るような

立派なコールマンの赤いやつは無理です。

(以下次号に続く(笑))


この日は昼食をとってから出発しました(夜勤明け)。

夕食のメニューはキムチ鍋。


夜はペレットという木材の細片を缶の中で燃やして、

焚き火風を楽しみました。でも夜勤明けで眠いので、

火が消えるまで見守るのが辛い。

このキャンプ場は焚き火禁止なので、このような卓上装置

でもグレーだなと思います。

今後は持って行かない事にしよう。


キャンドルの火は美しく、これは今後も使いたいですが、

風に弱くてしばしば消えてしまう。

やっぱり小型のランタンを導入するか…。

2000円くらいするので、すぐには無理ですが。


おはよう。よく眠れました。

夜勤明けキャンプというのは初めてでしたが、設営に時間がかかる。

とうとうテントのFRPポールを一本折ってしまいました。

セリアの新製品

「テントポール修復ツール(110円)」

で応急処理しました。

メーカーに問い合わせたところ、ポールは2500円位で買えそう。

中古で1500円で買ったテントなので、考えてしまいます。

これでランプが遠のいた感も…。


早朝食はおなじみ金ちゃんヌードル。

これ食べないと撤退の元気がでない。


早めの(10:30までの朝食メニュー)昼食にすき家の

「オクラまぜのっけ朝食(ご飯ミニ320円)。

バランスはいいと思います。


今回から

”夜明けのコーヒー”はネスカフェのスティックタイプに。

安いやつをドリップしても私の口にはインスタントと

区別がつかない(汗)。

あとこのシリーズの中に何本かある

「香味焙煎」

の当り感がすごい(笑)。


このキャンプ場は8週間前から予約が取れるのですが。

私の取りたい、日→月は8週間前の土曜に朝から

並んでも取れない事がわかりました。

デイキャンプ目的の人は少なく、大抵の人が

土→日でとるため(現地に管理人がいないため、

ログインログアウト制はとっていない)私なら

土→日→月で取らねばならず、8週間前の土曜日はいつも

朝8時まで夜勤なので、駆けつけてももうない。

今回日曜の朝5時から並んだ感想です。

しかしウイークデーなら取りやすく、おそらく夏休み

期間以外は並ぶ必要もなさそうです。

雨の日も考慮して6、7月は複数日を

夜勤明け→翌日休日でゆっくり

休日早く→翌日昼までに帰宅(夜から夜勤)

で夏の別荘ライフを楽しみたいです。

8月はもっと涼しい山の方も行きたいですが、

キャンプ場って3000円くらいかかる所が多くて

とても手が出ません。

 
メールを送信